医学博士 眼科専門医の有田玲子先生がマイボーム腺機能不全(MGD)についてわかりやすく解説!

目の機能を正常に保つために欠かせない存在である「涙」。殆どが水分ですが、水分の蒸発を防ぐために表面が薄い脂の層になっており、その脂を分泌するのがまぶたの中にあるマイボーム腺と呼ばれる器官です。

このマイボーム腺が詰まり、涙の成分バランスが崩れることにより引き起こされる症状が、マイボーム腺機能不全(Meibomian Gland Dysfunction, 以下MGD)と呼ばれます。

今回は医学博士で眼科専門医の有田玲子先生に、MGDとそのケアの必要性について、わかりやすく解説していただきました。

医学博士 眼科専門医 有田玲子(ありた れいこ)

ドライアイ、とくに涙あぶらの分野では世界屈指の専門家。
ドライアイに関する英文論文は80本以上など、ドライアイに関する眼科研究の世界的第一人者。
ドライアイに関する正しい知識の一般のかたへの啓発、ホームケアから最先端の医療機器の普及などで活動するLIME研究会代表。
以前は東大病院、慶應大学病院でドライアイ・MGD専門外来を担当し、国際的ドライアイガイドライン作成委員も複数回つとめ、日本のMGDガイドラインの作成委員会の主要メンバー。現在はさいたま市の伊藤医院で内科の父とともに眼科を担当。

有田玲子オフィシャルサイト
https://aritareiko.com/

MGDの特徴的な症状とは?

医学博士 眼科専門医 有田 玲子先生

実は、MGDの症状はドライアイと区別がつかないものが多く、ドライアイの症状を訴える患者の80%以上が、脂分の不足が引き起こすMGDであると考えられています。ドライアイの症状として、目の異物感や、乾き、痛み、不快感、眼精疲労、涙が出る、まぶたが熱い、などが挙げられます。

MGDにより視力が低下したり、失明したりすることは少ないため、患者の殆どは眼科医の受診をためらっていると考えられています。高齢者ほど患者が多い傾向があるため、ドライアイの症状を感じたら、早めに眼科医に相談しましょう。

MGDかもしれないと感じたら?

医学博士 眼科専門医 有田 玲子先生

ご自宅で手軽にできる日常の目元ケアは、目元を清潔に保つことです。

目元専用の拭きとりシートを使って、まつ毛の根元を日々こまめに拭き取ることで、固まった脂や詰まりの除去、そしてマイボーム腺周辺の細菌類の減少が期待できます。

未来を見るために、今はじめる。
ドクター・フィッシャーのアイケア革命。

ドクター・フィッシャー目元ふきとりクリーンシート液たっぷりタイプ
ドクター・フィッシャー目元しっとりふきとりシート乾燥対策
ドクター・フィッシャー目元ふきとりクリーンシート赤ちゃん用

目の炎症、かゆみが気になる辛い花粉の季節は、目元に付着した花粉を落とし清潔に保つことが重要ですが、細菌や花粉が付いた手で目元を触れると、炎症を悪化させてしまう場合があります。

ドクター・フィッシャーの目元ふきとりシートは、いつでもどこでも気軽に目元ケアができる花粉の季節の切り札です。持ち運びに便利な個装タイプで、温めても冷やしてもお使いいただけます。優しく目元をふき取り細菌の増殖を抑え、目元をすっきりリフレッシュして辛い花粉の症状を乗り越えましょう。

特に花粉の季節は、目元を拭く習慣をプラスすることで、毎日の目の衛生習慣を改善することができます。

防腐剤無添加、色素・香料不使用