医学博士 眼科専門医の有田玲子先生が春の目元ケアについてわかりやすく解説!

気持ちのいいお天気に誘われ、屋外で活動する時間が長くなる春。旅行やスポーツ観戦、ピクニックなど楽しいイベントが増える一方で、この時期はエアコンや紫外線の影響で目に疲れを感じやすい時期でもあります。

また春は、冬に比べて湿度は上がるものの、乾いた空気を持つ移動性高気圧により冬と同様に空気が乾燥しているのをご存知でしたか?そのため、冬と同じレベルで目の水分が蒸発しやすく、ドライアイになりやすい状態にさらされています。

今回は、医学博士で眼科専門医の有田玲子先生に、春の天気が目に与える影響や、春の目元ケアについてわかりやすく解説していただきました。

医学博士 眼科専門医 有田玲子(ありた れいこ)

ドライアイ、とくに涙あぶらの分野では世界屈指の専門家。
ドライアイに関する英文論文は80本以上など、ドライアイに関する眼科研究の世界的第一人者。
ドライアイに関する正しい知識の一般のかたへの啓発、ホームケアから最先端の医療機器の普及などで活動するLIME研究会代表。
以前は東大病院、慶應大学病院でドライアイ・MGD専門外来を担当し、国際的ドライアイガイドライン作成委員も複数回つとめ、日本のMGDガイドラインの作成委員会の主要メンバー。現在はさいたま市の伊藤医院で内科の父とともに眼科を担当。

有田玲子オフィシャルサイト
https://aritareiko.com/

春の天気が目に与える影響とは?

医学博士 眼科専門医 有田 玲子先生

疲れ目の原因として最近注目されているのが、目の乾き=ドライアイの症状です。春は乾燥した空気が移動性高気圧により運ばれてくるほか、大気中には花粉や黄砂、黄砂とともに運ばれてくることのあるPM2.5などの有害な化学物質が多く浮遊しているため、それらに起因して涙の作用が低下し、ドライアイのリスクが高まりがちです。

また意外に思えるかもしれませんが、春先の紫外線量は真夏とほとんど変わりません。紫外線は肉眼では捉えることができないため、目に対する紫外線の影響もなかなか実感できませんが、屋外で大量の紫外線を浴びると水晶体や網膜に強いダメージが与えられます。それが蓄積することで、目の疲れだけでなく、白内障などの深刻な目のリスクへつながることも。

春の目元ケアのポイントとは?

医学博士 眼科専門医 有田 玲子先生

外出先で汚れた空気にさらされたり、紫外線を浴びた目元は、ふき取るなどしてしっかりと清潔にして休ませるのが一番です。ドライアイは生活の質を落とす慢性の疾患ですが、ドライアイによる眼の疲れなどの不快感をコントロールするための手段は増えてきています。目元ケア専用製品などを使って目元の衛生を保ち、生活の質を保つことが重要です。

未来を見るために、今はじめる。
ドクター・フィッシャーのアイケア革命。

ドクター・フィッシャー目元ふきとりクリーンシート液たっぷりタイプ
ドクター・フィッシャー目元しっとりふきとりシート乾燥対策
ドクター・フィッシャー目元ふきとりクリーンシート赤ちゃん用

アイケアには、目元専用の製品を選ぶことが大切です。 “ドクターフィッシャー 目もとふきとりシート “は、目にやさしい成分だけを使用した、防腐剤不使用の滅菌アイケア製品。

目元を徹底的にクレンジングし、爽やかで健康的な印象に。乾燥対策製品にはティーツリーオイルが配合されています。約60年にわたる眼科薬に関する知識と専門知識を駆使して開発されたアイケアの新しい習慣。

毎日の目元ケアに、”目元をふく習慣”をプラスしましょう! 

防腐剤無添加、色素・香料不使用